2010年12月04日

スキルアップ ANNE的講座セレクトあどばいす★

PCが壊れ、しばらくブログお休みしちゃいましたあせあせ(飛び散る汗)

でもその間もANNEが継続してきた英語講師。こんな風に英語ってずっと継続していくことが現役でいるのに必要なんだろうなぁ・・・と思っています。

PCも本当はリスクマネージメントをしておくべきだったんですが・・・ バックアップをさぼってしまってえらい目に・・・

PCってある日突然死するんですもうやだ〜(悲しい顔) みなさんのPCもケアしてあげてくださいね。

前置きはこのくらいにして・・・

今の世の中、不況だ不況だ と言われてますよね。円高のあおりを受けて、輸出企業は日本を出て海外に製造工場を移し、人件費の安い現地の人を雇い・・・ 
多くの中小企業は、生き残りをかけて出口を模索している そんな世の中です。

そんな中、雇用される側も知識武装をして、戦略を持たないといけない時代ですよね。

今、ビジネスパーソンに必須となりつつあるスキル=英語・会計・ITだそうです。
国際競争力をつけなければならない日本としては、至極当然といえば当然ですが・・・

たとえば英語なら
TOEIC OOO点=海外転勤可能レベルとか
TOEIC OOO点以上=課長クラスに昇進できる とか

英語力を図るものさしとして、TOEICは完全に第一位の検定試験になりましたよね。

ならば、ビジネスパーソンとしては、すこしでもスキルを磨いておきたい・・・

そこで
ANNEも奪取730TOEIC(R)テスト攻略プログラムにお世話になりました。 


ANNEはTOEIC 730点奪取コースにしましたが、
最後まで課題も出し、修了証ももらいました♪♪ 

資格試験の通信講座を選ぶ目的=当然目標達成ですが・・・

英語の通信教育の場合、あまりにもレベルが高いものを選んでしまうと、続かない・・・んです。
人間って基本ナマケモノなので(?)よほどモティベーションを高く持たないと続けにくい。
少しスケジュールが狂うと、ま、いいか〜 今資格取るよりも仕事に精を出さないと・・・とか理由をつけて、だんだん遠ざかっちゃうふらふら

ま、ANNEが陥りやすい ワナ ではあるのですが、皆さんはどうですか?

なので、TOEICなどの通信講座は、「ちょっと無理すればイケそうなレベルの一つ下レベル」を選ぶといいですよるんるん

そうでなくても、少し忙しかったり疲れてたりすると、課題をこなしたり、添削を仕上げたりはプレッシャーになるのに、レベルが無理しないとレベルだと、ハードルがあがっちゃう・・・

2つも講座の費用を払うなら、上の講座に1つ費用をかけようexclamation×2と思いがち。

でも、ハードルを上げて、跳べなければ、結局完走できずにムダになっちゃいます。
ANNEの苦い経験も含め・・・わーい(嬉しい顔)
恥をしのんでカミングアウトしちゃいます。 

それよりも、ひとつレベルを下げることによって、心に余裕が生まれるんですね。課題も添削もクリアできる♪ 
すると完走出来ちゃうので、自分にも自信がつくし、最後までクリアしたことで達成感も力もついていたりします。

そのうえで、次のステップに進むのがオススメ黒ハート

諺にも「急がば回れ」ってあるしね。“Haste makes waste.”と英語では言うんですね。
ANNEの失敗談からもし得ることがあれば、是非取り入れてみてね♪手(パー)

ANNEがお世話になったのはこれるんるん
アルク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。