2012年03月11日

「金持ち父さん 貧乏父さんの世界」Vol.1

今日、悲劇の震災から1年経ちました。

いまだに被災された方の多くは、完全にかつての生活を取り戻せていないと思います。
改めて、被災された方、犠牲になった方に心からお見舞い申し上げます。
そして、1日も早く安定した生活と笑顔を取り戻されますようにお祈りいたします。

大きなことはできなくても、私たちそれぞれが少しずつ思いを寄せて、少しずつできることをすることで、前進する・・・ ANNEはそう信じています。

ところで、先日モノポリーのお話をしましたが・・・
モノポリーもキャッシュフロー ゲームもどちらもある意味「お金の教育」的な側面を持っています。

実はANNEが家計について、また経済について大きく前進することができたのは
金持ち父さん貧乏父さん
」を読んだからです。

ANNEは中学の頃から英語と仲良くやってきました。
時には数学とか理科の弱点を英語はカバーしてくれる強い味方でした。
そんなわけで、ANNEはず〜っと英語とお付き合いしてきて 現在は 
英語がANNEを助けてくれるという 貴重な存在です。

そんな中でANNEが偶然出会ったのが、“Rich Dad Poor Dad: What the Rich Teach Their Kids About Money--That the Poor and Middle Class Do Not!

「邦題 金持ち父さん 貧乏父さん」です。ま、世界的なベストセラーなのだから 偶然というのも?ですが・・・ ある日 本屋さんで 〜出会った♪ って感じです。

文章も結構分かりやすいので、早く読めたのですが、一番影響を受けたのはやはりその内容です。

Rule One 
You must know the difference between an asset and a liability, and buy assets.

◆資産と負債の違いを知ることが第一
まず大切なのは、資産と負債の違いを知り、資産を買わなければならないということだ。

とてもシンプルだけれど、とてもポイントを付いていますよね。わーい(嬉しい顔)

この本を読んで しばらくしてから(10年後をしばらくして・・・と表現していいかどうか分かりませんが・・・たらーっ(汗))、ANNEは 国際会計 BATIC国際会計検定
という資格を取得しました。

といってもごく初歩的なBookkeeperというタイトルですが、この勉強のおかげで
実は我が家の財務状態は格段に良くなりました。

本当に「金持ち父さん 貧乏父さん」に感謝しています黒ハート

”Rich people acquire assets. The poor and middle class acquire liabilities, but they think they are aseets.”

「金持ちは資産を手に入れる。中流以下の人たちは負債を手に入れ、資産だと思いこむ」

この本のエッセンスはココに集約されているのではないかと思うぐらいシンプルかつ真理なのでしょう。

今の時代、PIGS諸国の財政危機だけではなく、日本も大きな財政的問題を抱えていることは皆さんご存じのとおりですよね。

これからは企業や国に頼ろうといっても頼れるだけの後ろ盾がないかもしれません。
だから、考え方をシフトチェンジしなければいけないかも・・・

一緒に英語と世界経済を旅しましょう♪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/256967282
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。