2007年08月25日

やっぱりこれ! 定番教材は安心♪

英語って、やっぱり聞き取れなければ始まらない…わーい(嬉しい顔)

英会話教室に行っても、TOEICや英検の勉強をしても、最終的に英語はコミュニケーションのためのツールなので、聞き取れなければはなせないんですねるんるん 

けれども、これだけは近道ってないんですよ。どうしても自分でリスニング力をアップするしかないんですね。

では、リスニング力はどうやって伸ばすのかexclamation&question

やっぱりいっぱい聴いて、いっぱい聴いて♪ どこかのキャッチみたい...?

ネイティヴの人は生まれたときからずーっと英語のシャワーを浴びているわけですよね黒ハート 日本人はそのかわり日本語をそれこそ朝から晩まで浴び続けて何の苦もなく日本語が話せる。

だったら、まず1000時間英語を聴き続けてみようexclamation×2

というのが、この「ヒアリングマラソン」の基本的コンセプトひらめき

聴けば聴くほど、英語に耳が慣れてくるんですね。しかも知っている音を聞き分けられるようになる。

英語というのは、残念ながら一朝一夕で結果が出るものではありません。

しかし、ANNEの教室に学びに来る生徒たちは、毎週毎週、単語、センテンス、お話絵本、ゲームで何度も何度もいろんな英語のフレーズや音を聴くわけですね。すると、不思議なことに、英語で書いてある単語カードを見て(絵はなしの文字だけカードですよ★)自分の知っている英語の音と照らしながら、何とか読もうとするんですね。
黒ハート

そんな成長を目の当たりにすると、子供ってすごいexclamation×2と拍手したくなります。手(チョキ) そして、そんな成長の元になっているのが、やはり何度もいろいろな英語を聴くという勉強法なのです。

多分彼らは、そんなつもりはないのでしょうが... (遊んでいるつもりだと思いますわーい(嬉しい顔) )

では、大人の私達は、どうするか???

やはりネイティヴの音声を使用した教材を見つけてきて何度も聴くのが上達の王道

ただ、自分で独学となると、強制力が働かないので、どうしてもモチヴェーション 思いっきりダウンバッド(下向き矢印)

だったら、超ロングランのこの教材はいかが? 
ほんと、力つきますよexclamation×2 ただしきちんと聴くという条件つきですけどね・・・ 

シアトルマリナーズの長谷川投手も、英語力抜群なことで有名ですが、彼の書いた本
メジャーリーグで覚えた僕の英語勉強法の中で、ヒアリングマラソンはいい勉強法だ というようなことをコメントしてらっしゃいましたよ黒ハート

やっぱり、モチベーションアップするには、英語を使って何をしたいのかexclamation&question をイメージすることだと思います。

ANNEも教室で教えるからには、自分の英語力も磨かないといけないので、ヒアリングマラソン またとらいしようかなるんるん


アルク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52712548
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。