2014年03月22日

I went to meet Hokusai♪


There has been the exhibition "Hokusai Ten (北斎展)" until tomorrow.

I didn't have the chance to go to Boston museum in Kanayama, Nagoya.
But I didn't want to miss the exhibition, so I checked the schedule of the museum.

The official site says it closes tomorrow!
But I can't go because I have 2 lessons for STEP TEST tomorrow.

So I decided to go to see it today.
After I finished walking my dog Sakura, and drying the laundry, I left home.

When I arrived at the entrance of the museum, there was a long long line waiting for tickets.
Many people think the same as me わーい(嬉しい顔)

hokusai-exhibition.JPG

I love Hokusai's Fugoku-36 kei (富嶽三十六景) , or Mt.Fuji series especially among Ukiyoe art pieces.

Many pieces of this exhibition are of Boston Art Museum in the USA.
So I feel happy to see many of them today.黒ハート

These are the photos of postcards that I bought at the museum.

北斎 赤富士.jpg

北斎 Great wave.jpg

May be these pieces are very famous all around the world as masterpieces of Ukiyoe.

The above one is ”Fine wind, Clear weather” from the series Thirty-six Vies of Mount Fuji".
It is also called Akafuji (赤富士) because Mt.Fuji in this picture is painted with red.

The lower one is "The Great Wave  off the Coast of Kanagawa"from the series Thirty-six Views of Mount Fuji.

I love this "Great Wave" in particular.  The wave is so dynamic in this picture.

These Landscape Prints are made through many steps.

1. Engrave  a block.
2. Color (Paint a block)
3.Print (Put paper and print the picture of block)

When you know the process of multicolored printing and think this art was born in Edo era, you'll be so surprised.

I hope you are interested in these fine art of Ukiyoe and enjoy them.

Have a nice weekendるんるん
posted by ANNE at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ANNE's Turezure Diary  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月16日

ANNE went to see the Ukiyoe Exhibition♪ Vol.1 Mikaeri-bijinzu


Spring has come!?
It is getting warmer and warmer these day.

Yesterday, I went to the "Ukiyoe Exhibition", being held in Nagoya now.

Ukiyoe (浮世絵) was born in Edo(now in Tokyo) about 350 years ago.

Ukiyoe is a kind of Woodblock print.

Various scenes of ordinary lives of citizens, portraits of beautiful women, actors of Kabuki were drawn or printed in Ukiyoe.

The following picture is of the flyer of "Dai Ukiyoe Ten (The grand Ukiyoe Exhibition)".
浮世絵展.JPG

Especially  the "Mikaeri-bijinzu 見返り美人図" drawed by Moronobu Hishikawa(菱川師宣), one of the most popular Ukiyoe artists is exhibited this time.

Mikaeri-bijinzu is ”Looking Back beauty” in English.
The design and coloring of Kimono,  the style, the hair style is beatiful.

And it is one of the most popular Ukiyoe pieces.

I think Ukiyoe is wonderful art and culture of Japan.
We should learn more about our own culture and we can proud of  Japanese culture more.

The pieces of Ukiyoe will be changed during the term of exhibition.
I'd like to go to see the exhibition again to see another great pieces.

The term of the exhibition is
 March 11 〜 May 6 
 at Nagoya City Museum

浮世絵展入口.JPG
右斜め上
The entrance of Ukiyoe Exhibition. Sharaku's art is welcoming youるんるん
Let's  enjoy Japanese art.わーい(嬉しい顔)

</font>




posted by ANNE at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ANNE's Turezure Diary  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

My Osechi 2014♪ Kuri-kinton

A happy new yearわーい(嬉しい顔)

I hope this year would be good for you.

In Japan there is a special cuisine called "Osechi-ryouri(おせち料理)".
The picture below is my Osechi I made(partly boughtわーい(嬉しい顔)) for this year.



2014おせち.JPG左斜め上

Each dish of Osechi-ryouri has a meaning.

Originally, Osechi-ryouri has been made wishing for long life, good health, prosperity, or rich harvest for coming year.

For example, I made "Kuri-kinton".
Kuri-kinton is mashed sweet potates with candied chestnuts.

This is the process of Kuri-kinton.
After mashing sweet potate, mix sugar and heat.

くりきんとん.JPG

Kuri-kinton is an auspicious dish that is believed to bring you welth because of its color "gold".

I make Kuri-kinton every year so that we can live in peace and witiout worrying about the money.

In Japan economic downturn is continuing. In 2013, the economic situation seemed to look up a little thanks to Abenomics, although  it is long for us to realise the wealth. 

Anyway, I expect that the future becomes good.晴れ  

Have a good day♪





posted by ANNE at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ANNE's Turezure Diary  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月05日

Disneyモノの多読に没頭中〜

こんにちはわーい(嬉しい顔)

最近 再び多読の波がやってきています(笑)

普段 英語と接する機会は確実に多いのですが、主婦のハシクレなので、じっくり読書に取り組む時間はあまりありません・・・
どうしても時間がコマギレになりがちなので・・・

でもやっぱり耳と目から英語を取り込んで行かないと・・・
と思っているので 何かいいネタはないかとオフの時は本屋さん巡りをしています

多読の波は先週土曜日から・・・

先週土曜日はECCの研修があって、出かけたので、その帰りに洋書扱いのある大型書店に行ってきました。
ANNEにとって大型書店はワンダーランド黒ハートるんるん

あれやこれや物色して平均3〜4時間は軽く居続けられます(笑)
って、書店さんには迷惑な客かも・・・ですが・・・

書店さ〜ん、教材とかも買ったりするので許してね〜

さて、週末に3冊買ってきてすでに全冊完読しちゃいました。
それほど軽〜く読めるシリーズです。

ポイントはある程度ストーリーを知っている(というかわかりやすいストーリー)を選ぶってこと黒ハート
多少?? な単語やフレーズがあっても、ストーリーを知っているとスルーできますよね。

英語の試験の読解問題はある意味語彙力勝負exclamationという部分がありますが、多読では細かいことにこだわらずさくっと読むことが大事だったりします。

わからない単語などが出てきても、読みやすい本(=レベルが合っている本)を読んでいるのであれば、推測して読むことができますし、前後の内容で判断する読み方が実際の試験の時も大事だったりするので、多読の場合は肩の力を抜いて読むことを楽しむことにフォーカスしましょうわーい(嬉しい顔)

ということで、ANNEにとってもストレスがない・・・というか 楽しめる本をということで今回セレクトしたのが以下の3冊です♪





PENGUIN KIDS 6: MULAN READER










PENGUIN KIDS 5: RATATOUILLE READER






どれも好きなストーリーなのですが、MULANについては、実はストーリーをよく知らなかったのでPENGUIN KIDSのシリーズで軽く読んでみようと思ったのが今回多読の波に飲まれた(笑)理由です。

あっという間に読めちゃいました。
いっそ子供向きの本を選んでおくと、挫折せずに完読できる・・・というのはアリかもしれませんね。

あと、どれも明るくて楽しい♪♪ 
これも多読には大事な要素かもしれません。

ANNEが個人的に大好きなストーリーはRatatouille黒ハート 邦題は「レミーのおいしいレストラン」です。
とても可愛らしいストーリーなので、興味のある方はぜひハートたち(複数ハート)

子供が小さい頃は、結構Disneyモノはよく一緒に見ていたのですが、子供たちが大人になってしまうとなかなか見なくなってしまいます。
でも、ANNEはジュニア教室のセンセイなので、話題について行くべく頑張りますわーい(嬉しい顔)

先日 5年生クラスの子供たちと話をしていて、PIXAR系のモンスターズ・ユニバーシティの話題が出たのですが ANNEはこのシリーズを見ていなかったため

「センセイ 知らんの〜 だっせーバッド(下向き矢印)

と言われたのも多分に影響しているかも・・・(笑)

こちらのストーリーはとりあえずDVDで見ました。
我が家の次男が一緒に見て楽しんでいたので、ダブルで良かったかな?

こちらの3冊は ANNEの徒然英語Shop Corner にアップしてあります。
よろしければチェックしてみてくださいねわーい(嬉しい顔)
posted by ANNE at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | それゆけ 多読! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

I'm really into paper cutoouting♪


Hi there,
How's going? 

Since this September, I've had new students.わーい(嬉しい顔)
In fact they are lower graders of elementary school. 
And they are twins.  And moreover, they cannot stay calm at classes.がく〜(落胆した顔)

Of course they are cute and good kids. But it's a different matter if they are cute when I have to teach them.
For the first 2 or 3 lessons, it was a disasterふらふら

So I changed my style of lessonsexclamation×2 I stopped scolding, reading textbooks, and controlling themexclamation
The kids smile everytime when they come to my lesson. They might enjoy my classes.

At the class of last week, we all enjoyed folding paper(Origami in Japanese).
Actually I'm not good at folding paper, but they wanted me to make some animals, such as a giraffe, an elephant, and a panda. 

So I tried very hard(わーい(嬉しい顔) Laugh!) 
When I made them and asked them, "What's this?" , they answered "giraffe! " or "elephant!".
And to my surprise, they made a small zoo world on the wallexclamation×2

That's it!!

IMG_1380.JPG

I was so moved with their imaginationひらめき 
So I will practice folding paper and making paper cutout(so called Kirigami :切り紙) so that I will be able to catch their interests ハートたち(複数ハート)

For next lesson, I have to make some paper fish to teach them names of fish or sea lives.

What is important is that children enjoy learning English in my class. 
I was taught by them.


posted by ANNE at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ANNEの英語教室日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

名画「風と共に去りぬ」でインフレの未来が見える!?

こんにちはわーい(嬉しい顔)

風と共に去りぬ
って見たことありますか?

アメリカ南北戦争の時代に南部で何不自由なく育ち 自由奔放(?)に生きるスカーレット・オハラと往年のイケメン実業家(?)レット・バトラーが繰り広げる超有名なラブロマンス映画です。

名前ぐらい聞いたことあるけど・・・ぐらいの感じかもしれません。
しかし、往年の美形女優 ヴィヴィアン・リーとイケメン俳優クラーク・ゲーブル演ずるこの映画は次代に残すべき名作だとANNEは思っています。 

実はANNEは結婚して初めての誕生日のプレゼントにこの「風と共に去りぬ 原題 Gone with the wind」のビデオカセットをもらいましたわーい(嬉しい顔)

年バレるし・・・たらーっ(汗) DVDでさえなかったんですよ(笑) まだDVDという映像媒体は誕生していなかったので・・・(笑)
さすがに今はDVD版を見ています(笑) 一応Windows 8の時代に生きているんで・・・

先週末の土曜日、いろいろモノが詰まってきたので、サイドボードを整理していたら、偶然見つけたDVD版の「風と共に去りぬ」exclamation
久々に見てみたくなって見始めたのですが、昨夜一気に最後まで見ちゃいました。

ま、前置きはさておき・・・
ほとんどの人はこの映画を恋愛映画として鑑賞すると思います。 それが正しい楽しみ方だとANNEも思うのですが・・・

FP(ファイナンシャル・プランナー)になってからというもの、
研究と称して片っ端から「金融」「マネー」というキーワードの本に引き寄せられるANNEは、
ごく自然に(いや、本当は不自然・・・あせあせ(飛び散る汗))この素晴らしい名画の中の経済ネタにフォーカスしてしまいましたわーい(嬉しい顔)

ストーリーの前半はわがままいっぱいなお嬢様のスカーレットと幼馴染のアシュレーを中心に南北戦争まで
後半は南北戦争後を描いています。

南北戦争に負けた南部側のスカーレットは故郷のタラ(地名ですわーい(嬉しい顔))で、召使(おそらく時代背景を考えると奴隷)
のマミー(侍女兼乳母兼スカーレットのお目付け役的存在)、従僕(こちらも多分奴隷)ビッグ・サム、
スカーレットの家族(父、姉妹) そして恋しいアシュレーの妻(そう、スカーレットはアシュレーが忘れられないのですたらーっ(汗))と戦争さなかに生まれた子供とともに暮らし、食糧もおカネも足りない中 必死で.家族を支えています。

そのスカーレットと従僕ビッグ・サムの会話です。


Big Sam:・・・his carpetbagger friends done run the taxes way up sky-high on Tara.

Scarlet:But how much more have we got to pay?

Big Sam:I heard the tax man say $3oo.

Scarlet:Might jus$3 million.But we gotta raise it, that's all.

Big Sam:How?

Big Sam: タラにかかる税金が天まで高くなると・・・
Scarlet: 一体いくらなの?
Big Sam;全部で300ドルとか
Scarlet:気が遠くなる額だけど払って見せるわよ
Big Sam:どうやって?

というシーンなのですが・・・ いつもの通りざっくりと日本語にしてあります。

税金で300ドルって・・・あせあせ(飛び散る汗)
どう思いますか? 今の為替レートだと$1=¥98ですが、計算がややこしくなるので仮に100円としたら・・・
100×300=30,000円

ANNEの自宅も毎年固定資産税のお知らせが来ますが・・・(汗)
\30,000はほぼ4分割した税金額とイコールです。 つまり10万は下らないってことexclamation×2

しかしスカーレットトは $300と聞いて 思わず絶句します。
でも払うしかないわよ・・・ なんて強がっていますが、惹かれ合いつつも会うと憎まれ口をたたき合うレット・バトラーに助けを求めに行くのです。

つまりそれだけコトは深刻だったってことです。
この時代、ちょうど南北戦争に負けて、かつての資産家たちもすっからかんでした。
 スカーレットの父も持っているお金といえば、南部同盟(資産家たちの紳士同盟みたいななものでしょうか?)の債権のみexclamation×2
ほとんど無価値に等しくなってしまったのです。

債権は英語では bond といいます。金利の低いときは、債権は金利固定なので安全で有利な投資先なのですが
、景気がよくなったり、逆に国なり企業体なりが信用ガタ落ちになった場合などは 債権価格は暴落しやすいという傾向があります。

そう、あなたが銀行に預けているつもりの貯金も国債に化けていて最近話題になったデフォルト(債務不履行)が起こったりすれば価値がぐんと下がってしまうのです。つまり資産価値が大きく目減りするということ。

インフレになったら 今の1万円は千円ぐらいの価値しかなくなるかもしれません・・・ なんて脅すつもりはなかったのですがごめんなさいがく〜(落胆した顔)

昔の話をして恐縮ですが・・・ 昔 遠足のおやつは300円まででした。 今300円で買えおやつは100均で3つ、飴1袋買ったら残りほぼ100円であと1個しかお菓子買えませんよね。 こんな感じでインフレになると
モノの価値>おカネの価値
になってしまいます。

これに消費税や物価上昇が加わったら・・・ 大変なコトになりますよ〜がく〜(落胆した顔)

でも、我らがヒロインのスカーレットはたくましいというか、図太く乗り越えてしまいました。
やり方はともかく、その行動力 強烈なパワーには圧倒されます。
ひょっとすると、この生きるパワーがこの映画の魅力の一つかもしれませんね。

これからの大増税時代・・・ スカーレットを見習ってたくましく生きていきましょう♪



</font>風と共に去りぬ [DVD]

2013年09月15日

ANNE went to Hong Kong 3

Hi, How's going?

I have a English lesson for Step Test today.
Today's lesson is for 4th grade: that covers the contents for 2nd grade of junior high school.
And the test day is approaching.  I'll teach as best as I can.わーい(嬉しい顔)

I haven't written blogs for a log time. And my blog about my trip hasn't finished yet...あせあせ(飛び散る汗)
Let me continue the essay.

♪♪♪☆☆☆♪♪♪☆☆☆

The third day in Hong Kong

we applied for the optional tour to Macao in the afternoon.
So my son and I went shopping for getting souvenirs to friends, relatives, and of course to our family.
First of all we looked for a supermarket in Hong Kong. It located not too far from the Hotel.
And it opened from 9:00手(チョキ) But we could not find easily. It was in the basement floor.

The supermarket in Hong Kong was the same as of Japan generally.
This picture is the aisle of  dayly necessaries.
I don't like home making but I love commodities like these.
Surprisingly there are Japanese notations. For example, Sawaday and サワデ― are notated together.




supermarket in Hong Kong.jpg

Acoording to the tour guide, Japanese products are popular among Hong Kong people because of the quality.
I understand it very well.わーい(嬉しい顔)

I bought instant noodles for my husband.
"出前一丁" is very popular instant noodle item. Almost all Japanese might know the name.
And these are the same logo, but the tastes are of Hong Kongひらめき

出前一丁♪.jpg

As I expected, he enjoyed the choice.

Recently Japanese economy is depressing because of strong Yen or global condition・・・

But ANNE thinks that many Japanese products are welcomed for their blands or their certain qualities.
We also saw many TOYOTAs, NISSANs, and Hondas on Hong Kong roads.
And our guide said Hong Kong people prefer Japanese food or Japanese technology to Chinese.
Isn't that  one of the answers for Japanese companies to challenge for economic regrowth?
So Japan should not give up the economical turnaround.

 Thank you for your reading to the end of today.  Next time let me write about Macao.

Have nice holidaysわーい(嬉しい顔)


posted by ANNE at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ANNE's Turezure Diary  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

英検準1級 意外とホネですが・・・ 過去問攻略 ですね♪

小学校で英語必修化の流れが出ていた頃、英語教師の英語レベルについても話題になっていました。

当時は高校の英語の教師が保持しているべき英語レベルとして英検準1級と言われていて(3年ほど前のことでしょうか?)
その前後で、ANNEは関東圏から中部圏に移動していたので、ここはひとつ 再就職も視野に入れて英検準1級getを目標に掲げました。

当時、ANNEはバイトで電車通勤をしていたので、勉強は1本電車を早めて朝カフェタイムにしていました。
一応主婦のハシクレなので、家だと何かと落ち着かないし、お弁当だexclamation夕食準備だexclamation レッスンだ〜 とあれこれやっていると、
きっと「忙しいし、ま別に今じゃなくても・・・」というモードになっていただろうと思われるからですわーい(嬉しい顔)

ありがちでしょ?

で、英検準1級の申し込みをしたのは今頃の時期。若干遅めの決意でした。
英検準一級コレで合格体験レポート
でも書きましたが、やっぱり受けるからには落ちたくないexclamation×2
ということで、この時期からしばらく10月半ばまで、めずらしく本気モード入っていましたわーい(嬉しい顔)

使ったのは、結局英検過去問ひらめき
前述のとおり、あまり時間も無かったので、手を広げ過ぎてもカバー不可能!と思い 






的を絞って、これ一本で行きました手(チョキ)

とにかく毎日(というか、毎通勤タイム=15分〜30分)時間のある限り問題を1つずつあたっていくわけです。
特に大問1のボキャブラリー系穴埋め問題。

これは  知っていれば1点get確実 しかし 知らないとアウトなので 印をつけつつどんどん進めました。

昔からANNEは英語をはじめ語学は文法8割ボキャ2割を持論としていました(偉そうですけど・・・(笑))
高校受験も大学受験も文法8割わかっていればなんとかなる
exclamation でなんとかしてきてしまったため、
自慢じゃないですが、ボキャ力はあまり自信が無かったのです。

当然準1過去問も間違いの山を築きあげましたわーい(嬉しい顔)

でも、問題演習段階で間違いの山ならばいいじゃん♪ 

と思うのです。 これがもし本番だったら、さよなら〜 ですが、本番前の練習試合でいくら負けても、本番で勝てばいいのだしわーい(嬉しい顔)

ということで、ANNEは時間も無かったことなので、ひたすら問題集と格闘し、合格点クリアしました♪
おかげで自己満足ですが、堂々と英語の先生していられます

英検を目指している皆さん、準1級あたりからはちょっとホネですが、あきらめずに頑張りましょう

ついでですが・・・
ANNEの教室 ECC守山苗代教室では 英検対策講座あります。
絶対3級 とか 今度は準2級〜 という人 やる気のある人待ってます黒ハート
詳しくはECCじゅにあ 守山苗代教室だより
をチェックしてみてください(^^)

2013年08月15日

ANNE went to Hong Kong 2

Hong Kong is a powerful cityexclamation

Many people, fast and powerful Cantonese language, and Hong Kong is one of the biggest financial centers in Asia.

And a day in powerful Hong Kong begins with this powerful breakfast.

The guide said people in Hong Kong go out for breakfast, lunch, and dinner. ひらめき
And one of the most popular breakfast in Hong Kong and Chinese area is this Chinese porridge(中国粥).

IMG_1256.JPG








Maybe women like this kind of healthy food.
The taste is light, and we can add salt, pepper, soy sauce, or Chinese chilie oil.
Some of sliced abalone were on the top of porridge.

大根もち(radish rice cake) and Chinese soup(at left) also assorted.
There were some women in the tour, and almost all of them including me were so fullexclamation×2 with this breakfast.

After breakfast we went to the ceremony site(香港返還式場 held in1997 from the UK).
I don't know the exact name of the site(^^;)


IMG_1263.JPG

Unfortunately I couldn't put the site in this picture,ふらふら  but the landscape was wonderful♪
I heard for the first time that there is no earthquate in Hong Kong.
That is why such tall buildings are build there.  わーい(嬉しい顔)

"And 風水(Chinese geomancy) is very popular here.
So the whole Hong Kong is designed according to 風水 somehow.", the guide taught us.

It was hot but sunny at that day on Aug 10, there.
Hong Kong was powerful and beautiful!

to be continued・・・
See you soon.

posted by ANNE at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ANNE's Turezure Diary  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

ANNE's trip to Hong Kong

Hi, thereわーい(嬉しい顔)
How's going?

I went to Hong Kong with my second son from Aug 9 to today.
It was hot there, too.
But I was so surprised to read the telop that the maximum temperatuere marked 41.0℃ in Kouchi Pref. today.

Japan has a feverexclamation×2

The trip to Hong Kong began with this meal served on a plane.
In fact I didn't know which seat we got for our flights.
I got the boarding card at the check-in counter and I realized that the seats reserved for us were of business class.

It is the dinner meal served for business classed passengers.
After it, steak was served. The beginning of trip with this meal was so good, I think now.(笑)

Cathay 機内食20130809.jpg

The upper left is a salad and the pink noodle is cold soba noodle with plum contained.
And the right dish at your near side is assortment of seafood marinated.


It is the first trip to Hong Kong for me, so it's the first time to use Cathay Pacific Airline.
The seats of the return flight were of economy class, but both flight(departing and returning) were comfortable and meals were good enoughわーい(嬉しい顔)

We arrived at Hong Kong International Airport at about 19:30 at local time.
The time gap between Japan and Hong Kong is 1 hour. (I didn't know that!)

There are a lot of first things for me in this trip.
I'll tell you little by little.

Now I'm eating Japanese instant noodle" ごんぶと" 
The gap between the business class meal and today's ANNE's meal seems funny to me.わーい(嬉しい顔)


I will sleep earlier today.

・・・to be continued

Good night三日月
最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。