2013年08月09日

ANNE goes to Hong Kong today.

こんにちはわーい(嬉しい顔)

ここのところ毎日最高気温35度とかで・・・
暑いですね〜
熱中症注意喚起が毎朝ニュースで流れてます。 

さて、ANNEはひょんなことから本日より我が家の次男と香港へ行ってまいります。

It's the first time to visit Hong Kong for me and my son.
We depart in the afternoon. And leave home soon.

Oh, before leaving, I have to take the laundry off.
The clothes have already dried because of the hotness.

So, by now.
See you soon

Have a nice Obon holidays黒ハート

posted by ANNE at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ANNE's Turezure Diary  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

英検3級をコウリャクせよ!



こんにちは。

暑いですね〜。 ANNEは今朝1コマレッスンを行い、午後からは甥っ子の英検対策をボランティアで行ってきました。

甥っ子は現在中3で、秋の英検3級合格を目指しています。
そこで、オバであるANNEが 協力を申し出たというわけですわーい(嬉しい顔)


英検3級の試験問題を改めて見ていると、問題数は変わらないですが、内容が
「わかる人にはわかる」内容になっています。

逆にいえば、英語のキソが分かっていないと、わからない・・・ということに・・・

英検3級の筆記は大きく大問4題出題され、今のところ大問1はボキャブラリー 大問2は会話文、大問3は並び替え、大問4は長文3題
という傾向です。

たとえば、大問3では、整序問題が出題されます。
これは、文法の基礎が理解できていれば、結構簡単に正解できるのですが、文法知識があやふやだとホネですふらふら

問題 
長時間のソフトボールの練習で香奈はとても疲れました。
(1 softbal practice    2   the    3  Kana     4  made    5  very tired    6   long)
平成12年第1回 大問3 3 より出題

さあ、並び替えてみよう〜♪ ということなのですが・・・

割と多くの中学生が 「香奈はとても疲れました」に引きずられ 
Kana was very tired・・・ という文を思い浮かべると思います。

けれども
makeの過去形 madeが語群に入っていますよね。 
ここで文法を理解できていれば、madeが入っているから、主語はKanaではないことに気づけるのですが・・・

madeは使役動詞といって、「〜に・・・させる」という いわば女王様系の動詞なんですね。 
そして、主語は人とは限らない・・・

正解は 
The long softball practice made Kana very tired.
です。

日本語だと、 長時間のソフトボールの練習が香奈を大変疲れさせた
という 大変バター臭い日本語になるわけですが・・・

これは、be動詞 wasではなく madeがあるから、主語は香奈ではないexclamationことが分かれば、すぐ答えが出るのですが、
Kana を主語にしてしまうと、正解に結び付くのに時間がかかるでしょうね・・・あせあせ(飛び散る汗)

ま、こんな感じで この問題はココがポイントひらめき ということが分からないと 難しくなってしまいます。

そして、リスニング、長文とも、若干素直じゃないというか・・・ひねりが加わっています。
出題者サイドから見ればよい問題なのですけど・・・(笑)

そこで、対策としては

1. 問題の要点を把握 つまり「何を聞きたいんじゃ〜」と突っ込みを入れるつもりで的を射た答えを出す
2.長文読解のスピードを上げる (読むだけでタイムアウトになったら点数は稼げません)
3.文法のウラを取る( つまり 解答の根拠が分かっていれば正解に限りなく近づく)

ということでしょうか?

この秋 英検受験予定の人、是非がんばって合格を勝ち取ってください手(チョキ)










2013年07月21日

一般ジョーシキって意外と大事です

夏の暑い1日、よくスーツ姿で汗をふきふき歩いている女子大生を見かけます。

就活かな~? 教育実習とかかな~ などと かつての学生時代を懐かしく思い出しますが・・・
きっとご本人は大変でしょうね。
頭が下がります。 

先日ANNEも採用面接の折に黒スーツを着ましたが、あれ、夏に着るのは地獄だな~・・・とたらーっ(汗)
就活生の皆さん、暑さにも、厳しい就職戦線にも負けずにがんばれ~演劇

ところで、実は今日はTOEICの試験だったみたいです。
こちらもどうも暑い中お疲れ様~な感じですが・・・

最近の傾向かどうかはわからないですが・・・
TOEICの長文、英検の長文 その他大学入試の長文問題でも 割と一般常識を問う内容ってあったりする気がします。

たとえば、長文問題の単語で分からないものがいくつかあったとしても、一般常識で1点get な問題もあるんですよね。

最近の話題というと、不景気、とか 環境問題とか、学校教育、 科学技術とか?

green house gas emission という単語が分からなかったとしても、環境系の内容だな? とわかって
green houseが温室(野菜を育てるための・・・)ということが分かれば、 green house gas emissionは 温室効果ガス排出かな?
なんてわかるかもしれません。

でも、もしかして、まったく環境系なんだか、科学技術系なんだかテーマが自分の中で絞れなければ、 
あ、ひょっとしてあのことひらめき というのも思いつかないかもしれませんよね・・・

だから、英語を勉強しているから、英語だけ分かればOK ではなくて、周辺の情報もキャッチするようにするのがよいのかな~と思います。

少子化にしても同じです。 
pension system という単語が出現したとします。

pensionって?? リゾート地のペンションのこと??

ぶー~~ 

pensionとは年金システムのことです。 

たとえば、少子高齢化で 年金制度が成り立たなくなっている→60歳から年金がもらえたのが 65歳からに引き下げられた
ということを情報として知っていれば pension≠ペンション ではなく、company とか employee とかという単語とセットになっていることから考えて 年金 ひらめきって推測できるかもしれません。

日々の学校の勉強って 超うざい~ と思っているかもしれませんが、いつあなたの人生にやくだつかもしれませんよわーい(嬉しい顔)

広く浅くでもいいので、一般常識的なことはキャッチするようにしましょうるんるん

な~んて偉そうなことを言っていますが・・・ ANNEも含めてです 

あ、そうそう 今日は参院選の日です。 
今日の中日新聞1面に 「投票率低下 若者、年13万円の損」という記事が載っていました。

それによれば、投票率の低い若年層は投票率が1%低下するごとに1人当たり年13万5千円の不利益を被る計算になるとか・・・

つまり、投票する若年層がわりあいとして低いので、社会保障費の世代別配分などを見ると、若年層に不利に働くということ・・・でしょうか?
でも、それって、これからますます若年層が少なくなっていく中で、大きなデメリットではないですか?

子育て支援や若年層のための雇用促進を求めるのであれば、たとえ数にならなくとも投票はしてみた方がいいのではないかな~と思います。
だって、それは国民の権利だから・・・

国の主役は国会や国会議員ではなくて、我々国民ですよ~ と是非アピールしましょうわーい(嬉しい顔)
これも、日本の成人としての一般ジョーシキですね♪

以下に国民主権をうたった「日本国憲法」をご紹介します

国民主権に関連した英語例文の一覧 より

Government is a sacred trust of the people, the authority for which is derived from the people,the power of which are exercised by the representatives of the people, and the benefits of which are enjoyed by the people.

This is a universal principle of mankind upon which this Constitution is founded.
We reject and revoke all constitutions laws, ordinances, and rescripts in conflict herewith.

そもそも国政は 国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その権利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法はかかる原理に基づくものである。われらはこれに反する一切の憲法、法令、及び詔勅を排除する

Have a nice dayるんるん








2013年07月09日

ANNE went to Kyoto on Tanabata Day♪

Last Sunday, I went to Kyoto with my friends.
They are the former members of PTA at my elder son's high school.
My elder son is the 3rd grade of a university now, but our relationship( or friendship) has been continuing for more than 3 years. That's amazing.

First we went to Kiyomizudera temple.
It's famous for the place that "This year's 漢字" is announced.
There is also a expression, "Kiyomizu no butai kara tobioriru".
It is a common saying used when people make a bold decision.

Actually "Kiyomizu no butai" is said to be as tall as a building with five stories.
So, if a person jump from it would die.

Therefore the expression is used when someone make a big decision or all-or-nothing decision.

Japanese is a complicated and impressive language, isn't it?

IMG_1228.JPG

This picture is Kiyomizudera temple.

There was a calm waterfall called "Otowa no Taki".
I heard the ancient folklore(言い伝え)of "Otowa no Taki" for the first time.
It says that there are 3 effects of the water, Long life, Love, and High education.
And there are 3 streams of the fall.
Your wish might be carried out if you drink one of it.

There was an old lady maybe from the US at Otowa no Taki.
she wanted to know which stream of water to drink, and she asked a dad who took a little boy with him, while we've been waiting in a line. But he couldn't explain well.

After she finished taking a miracle(? holy) water, I asked her if she could choose a proper water.
She smiled and said,
"I could driink the proper water, and I wished Long life."
I replied her,
"That's good."

I was glad to have a communication with her.
It was only a tiny conversation, but it might be a motivation to learn foreign language.

I don't know the information well, I can't tell you the story in more detail.
Please check it out when you visit "Otowa no Taki" if you have any wish.わーい(嬉しい顔)

And I think we Japanese should know about our country and our culture more.
Otherwise, we can't explain the proper thing when people from other countries ask us.

In the afternoon, we walked around Teramachi, Gion area.
The dinner was "Tofu dises" at Kawadoko.
20130707川床風景.jpg
This is a scenary of Kawadoko. It's cool(風流)♪
Kawadoko is the place where we can enjoy dishes watching Kamogawa river as the floor expands to Kamogawa river in summer.
It was also the first experience for me.
Contrary to expectations, it was cool as it was maybe the riverside.

It was so hot and humid at that day in Kyoto, but we enjoyed there so much.
posted by ANNE at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ANNE's Turezure Diary  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

英語の中間テストで100点♪♪ に近づく勉強法〜(^^)

今週はいいことがありましたわーい(嬉しい顔)

ANNEの教室に通ってくれている中学生が英語のテストで満点とれた との報告をお母様から頂いちゃいましたるんるんるんるん

これは嬉しいexclamation×2

定期テストでも資格試験でも満点を取るのって結構難しいですよね。

ANNEも定期テスト前は、学校のテスト範囲を復習するなど、いろいろ対策をするのですが・・・
やっぱり英語でスコアが伸びれば生徒さん本人にとってなにより自信になるし、モチベーションがグッド(上向き矢印)しますから♪

そして、ANNEが重要視しているのがテスト後の検証
テスト前の勉強の記憶が残っている間にテスト問題の見直しをするのがポイントなんです。
どうして間違えたのか? どこをどうすれば正解を導き出せるのか?
を生徒さんたちとがっつりテスト問題にチェックを入れまくるわけです。

実際テスト後だと、学校でもテストの見直しはするので、
「あ〜、ここ間違えちゃった〜」とか「わかっていたけど、ひっかけに遭って・・・」とか自分でもある程度は間違えたところを分析できるわけです。

ただ、間違えちゃった→悔しい では次にはつながりません。
間違えたところは徹底して復習して、次回は間違えないようにする ところまでやってはじめてその問題に関しては完全に理解して解答できたことになります。

スポーツでもルールを理解しているだけでは試合に勝てませんよね?
同じく英語や他の教科も、理解していることできることなんです。

何度も問題演習をしながら、ルールを自分の中に落とし込んでいく必要があるんですよね。

今回満点がとれた生徒さんは、
問題演習→解答チェック→再び問題演習→落とし込んで理解→できる状態までもっていく 
というサイクルができたということです。

ビジネスパーソンの方は、PDCAサイクルって聞いたことがあると思いますが・・・

Plan(計画) → Do(実行) → Check(評価) → Act(改善) という 考え方というか戦略です。

このサイクルで物事や仕事を進めると効果的・・・ってことですねひらめき

ANNEは会社員時代に聞いたことがあります。
ビジネス書等にもよく載っています。

これ、実は勉強にもしっかり活用できる考え方なんですよね。
問題の解き方を考え→解いてみて→答え合わせ(結果分析)→できなかったところをしっかり理解して再度解いてみる

ね??

ま、ANNEはせっかちなので、Planより先にDo(問題にとりかかる)することが多いですが…
結果検証&再度間違った問題にトライはしっかりやりますわーい(嬉しい顔)

テスト問題は分かるではなく、解けて点数をgetできてナンボなんで・・・
できるまで繰り返すって大事ですね
posted by ANNE at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ANNEの英語教室日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

ディスインフレって?

こんにちは。 最近暑くなってきましたね。

今日、コーヒー喫茶店を飲みつつ、日経一面を見てみたら、

「物価上昇世界で鈍化」

というタイトルに目が留まりました。

さて、物価上昇って??

阿部首相が物価上昇率を上げるってことを目標に掲げていましたね。
これはデフレが

物価を下げる→企業は物価を下げても利益をgetする必要がある→固定支出 人件費を減らす→新規採用控えorリストラ

という負のスパイラルを起こすので、物価上昇率を上げることで、デフレ脱却を図るという作戦ですわーい(嬉しい顔)

But この5月26日版日経一面によれば、

新興国=emerging country (a rising country)の経済減速で商品価格が下落している のだそうです。

物価上昇率=price increase rate
消費者物価指数=CPI(Consumer Price Index)

では新興国の経済が減速すると、なぜ物価上昇率が鈍化するのでしょう?
ANNEの私見では・・・
新興国で経済成長が鈍化する

需要が減って、在庫が増える

需要と供給の関係で、モノが余れば値段を下げないと売れない

物価上昇バッド(下向き矢印)

という図式が成り立つのですが・・・
正解かどうかは イマイチ自信が無いので、各自考えてみてくださいね。

今日のキーワード ディスインフレーションは英語で表記すると Disinflationです。
Disinflationの定義=A slowing in the rate of price inflation. Disinflation is used to describe instances when the inflation rate has reduced marginally over the short term.
Investopedia
物価上昇の減速。短期間に少しインフレ率が減少している状態を表すのに使われる

ということになるでしょうか?
【ANNEの英語寄り道コーナー】
このdis というのがポイントで、このdisには、次に来る言葉を否定する意味があるんですよね。
dis + inflation=disinflation インフレ減速状態?
dis + agree  =disagree 同意しない
dis + close  =disclose 露出する 隠されていたモノ・コトをあらわにする
などdis(否定の意味をあらわす接頭語)のお仲間がいますわーい(嬉しい顔)

インフレ=モノの価値>お金の価値

お金がじゃぶじゃぶ増えると、モノの方が少なくなるので、モノの価値が上がる→物価上昇率グッド(上向き矢印)
を狙い
各国中央銀行は インフレ警戒感を緩めていて、金融緩和を進めているのですが、
意に反してあまり効果が出ていない というのが現状のようです。

これから日本や世界の経済はどうなるのでしょう? 
経済動向は実は生活に影響大なので、無関心ではいられませんね

P.S. ANNEの中学英語制服計画 Part2 
ANNEの中学英語ER(救急救命室)のコンテンツが少し増えました。
よろしければのぞいてみてね♪
ANNEの中学英語ER 文法アレルギー症候群 Contents 


2013年05月10日

ドル円が100円越え〜!! 為替を考えると世界経済の動きが見えてくる?

今日あたりからお天気は下り坂みたいですね。
GWはお天気に恵まれていましたが・・・ 先ほど手紙を取りに外に出たら雨粒が当たったので即行でベランダの洗濯モノを室内に撤収しました。 せ〜ふわーい(嬉しい顔)

さて、今日はドル円がとうとう100円を抜けましたexclamation×2
アベノミクスの効果がでたのかどうか・・・ GW前から100円の大台突破と言われていたけれどじりじりくすぶっていたのが、ど〜んとブレイクグッド(上向き矢印)

レッスンの時に ドルが出てくると、これは日本円でいくら? 的なことをよく子どもたちに振るのですが最近はず〜っと80円台だったので、100円越えってなんだか久しぶりです。

なぜ為替のレートの話を子どもたちに振るかと言えば・・・
経済はグローバルにつながっているからexclamation×2

小学校高学年になれば、結構円高、円安という概念は理解できますわーい(嬉しい顔)

どうして、円高になると困る人がいるのか?
でも、円が安くなって困る人もいる? 

ということを日々の外貨と円のバランスを知ることで関心を持ってほしいなぁ〜とANNEはいつも思っているからです。

20130510USDJPYチャート.jpg

で、この米ドル/円のチャートです。 
子どもたちがこうしたチャートを読むことはずっと後でしょうが、AFPでもあるANNEは折に触れて世界の経済についても子どもたちに伝えていこうと思っていますわーい(嬉しい顔)

ANNEは子供たちにファイナンシャル・リテラシーをしっかり身につけてほしいと思っています。

お金はどう動いているのか?
これから日本はどう動いていくのか?
今何が問題になっているのか?

を自分で考えることができるようになれば、

なぜこれからの日本人は英語を学ぶ必要があるのか?
これからの働き方、生き方はどうなるのか?
自分のウリは何か? 

をしっかり考えることができると思うからです。

英語を学ぶことで、グローバルな情報を迅速に手に入れられる
たとえば日本が高齢化社会で市場規模が小さくなっても、海外に目を向けることができる
大企業は潤っても、中小企業は厳しいという現実があるようですが、英語ができればこれからの市場にアプローチできる

お金は世界を駆け巡る血液みたいですね・・・
そして世界と日本は経済的にもつながっている・・・
英語とお金教育がますます重要になってきそうです。


今、英語のアルクでは、500円クーポンプレゼントキャンペーンやっています。
たかが500円、されど500円 アルクの通信教育はもちろん、書籍などにも使えます。
くわしくはこちら右斜め下

1000円以上の商品購入に使える500円クーポン贈呈中

2013年05月09日

文法を制する者 言語を制す !?

GWも終わりましたね・・・
皆さんのGWはいかがでしたか?

ANNEはせっかくのオフなので、ゆ〜っくりドラマ鑑賞ですわーい(嬉しい顔)
今見ているのは「龍馬伝」。 そう 福山雅治さんのあの龍馬伝ですわーい(嬉しい顔)

リアルタイムでは、チャンネル争いに負けいつも見れないのですが、DVDでまとめて見ると一気にストーリーが分かるので、違う意味でよいかもしれません手(チョキ)

にしても、この作品 人気が出たのがよ〜くわかります。 飽きさせないというか、ストーリー展開がおもしろいというか・・・ 人物の描き方が深いというか・・・ 

おかげで、GW中 結構睡眠不足でした・・・(笑)

ところで、まったく話しは変わって・・・
この4月から 愛犬犬さくらのお散歩のときにスマホに入れたアプリでラジオ講座を聴いています。
「ラジオ英会話」「ラジオドイツ語講座」「ラジオフランス語講座」を順に耳に入れているだけですが…あせあせ(飛び散る汗)
英語とフランス語はテキストなしで聴く音楽オンリー。ANNEはもと仏文科卒なので、フランス語も一応聴き取れます。(というかこちらはフランス語のリスニング力を錆びつかせないためにあらためて自主トレです・・・)

でも、ドイツ語ははじめての言語なので、テキストを買って、ひたすら振り仮名を振りながら聴いています。
最近な〜んとなくドイツ語の発音のクセみたいなものに慣れてきた気がします。

そもそもなぜドイツ語? 

実は我が家の次男が大学の第二外国語でドイツ語を選択したから・・・
陰ながら応援してみようかと・・・ということでもなくて・・・ ただ興味があったのでこの際乗っかってみようかと(笑)はじめてみることにしました。 わからなければ次男に聞こうるんるんと思っていたら、

「かあさん、じゃあ テスト前教えてね〜♪」

と返ってきたexclamation×2
「はぁ〜 逆でしょ?」
と思いましたが、ま、いいか〜などとのんびり構えてちょっと聴きとれるようになったら面白いかな〜ぐらいのスタンスで今2ヶ月目に突入しました。

で・・・

思ったのは、やっぱりどの言語でも 文法って大事だな〜 ということ。

ある程度母語を使いこなせる年代以上であれば、逆に文法が分からないと外国語は頭に入って来にくくなるなぁ というのが実感です。

少なくとも、「誰(何)が」「どうした」という主語+述語の部分が理解できないとさ〜っぱりわからないんですねふらふら

でも「〜が」「・・・する」は 主語+動詞 I walk. 
とか
「〜は」「・・・です」は 主語 + be動詞 で I am a teacher.
とか

パターンが分かると格段に理解できるようになるんですねわーい(嬉しい顔)

結構文法わからないから英語苦手〜 という人も多いと思いますが、
逆に文法がわかると英語はすっきり理解できます。

文法って、結局 「〜できるよ」とか「〜している」とか「AはBより〜」とかをそれぞれの外国語では
どう表現するか を教えてくれているんですよねるんるん

それから、be動詞って英語だけに存在するわけではなくて、どの言語にもbe動詞に相当する単語があるんですよね。
とりあえず英語でしっかり文法の基礎を学んでおくと、他の言語を勉強する時とても理解の助けになるというか、理解が速くなります。

だって、中学高校と6年間かけて勉強してきた英語と同じレベル(専門分野に寄りますが・・・)の第二外国語をほぼ1年〜2年で単位取ってしまうわけだから、やっぱり文法が分かると6年分→2年に凝縮できちゃうということですよね。 

ラジオで聴いていても、やっぱりこれって、英語のbe動詞と同じだ〜 とか can (可能)は 他の言語ではこういうのか〜 とか 比較しながら聴いていることに気づくんですよね。

文法を制する者 言語を制す ってことで・・・

2012年12月12日

「冬の金トレ★子どもマネーイベント」あります♫

こんにちはわーい(嬉しい顔)

12月に入ったと思ったら、寒いですね〜((((;゚Д゚))))
月曜火曜と雪で大変でした。

名古屋って普段はあまり雪が降らないのに、降ると大雪exclamation×2
だから、スタッドレス履いていなかったりして、スリップしたりとかが多くなるんですよね。

それとは関係ないけれど、昨日夕方我が家のちかくの大きな交差点で事故があったみたいです。
年末は慌ただしいけれど、安全あっての日々の暮らし。
どうぞ皆さん お気を付けて・・・

って、今日の話題は「冬の金トレ★子どもマネーイベント」です。
英語とは直接関係ないですねあせあせ(飛び散る汗)
でも、将来子どもたちが自立して幸せに生きる上で、マネー教育って大事だと思うのです。

これは、ANNEがファイナンシャル・プランナーになったことと大きく関係しているのですが、
経済って日本だけで動いているものではないですよねわーい(嬉しい顔)

いろいろな国のいろいろな事情が絡まって、今の経済事情が生まれているわけだし、
たとえば、今日本は選挙が控えていますが、この選挙によってまた世界の経済が動く・・・

そうなると、英語は生きるための道具として当然必要になってきます。
でも、自分の持つお金のコントロール能力も絶対必要だと思うのです。

宝くじを買って 大金を当てた人がその後 ず〜っとそのお金を持ち続けられないことが多いこと
よく知られていると思います。

それは、持ち慣れない大金をコントロールできるキャパがその人になかったから。

つまり、どれだけ稼いでも、そのお金をうまくコントロールできなければ
安定した生活はできないですよね?

小学校→中学→高校→大学 と受験勉強が続いて
更に厳しい就活を乗り越え、やっと社会人になっても、

稼いだお金ふくろをすべて使ってしまったら・・・
収入以上に使ってしまったら・・・ 
その後 残念な生き方をしなければならなくなるかも・・・

でも、自分の得た収入のなかから、将来の夢や希望を叶えるために、自分に投資したり、お金を上手に使ったりできれば、きっと豊かな人生が送れるはずるんるん

だから、やはり子どもの時に、しっかりしたマネーコントロール能力 身につけたいですよね黒ハート

ということで、この冬 おそらく名古屋 それも守山区ではレアな子どものためのマネーイベント
行われます。 そして、このイベントのために わざわざ東京から現役FPの皆さんが集合してくださいます。

あと、参加可能枠わずかになってきました。 
是非お早めにお申し込みくださいexclamation×2

今、お金のコントロール能力を身につけた子たちが、将来安定して夢もしっかり叶えて となってくれれば
このセミナーに参加する価値 特大 ですね きっと黒ハート

対象  : 小学生(2〜4年生推奨)
 人数  : 10名まで(参加人数によっては中止の場合もあります。 定員になり次第締め切り)
 開催日時:2012年12月15日(土曜日)午後2:00〜4:00
 参加費 :1,000円(資料代)
 講師  : 大澤亜紀子(子育て・教育資金アドバイザー・FP )
 持ち物 : えんぴつと消しゴム
 開催場所: 守山苗代コミュニティーセンター 会議室
      名古屋市守山区小幡南3丁目12-13


 お申込み:子供マネー総合研究会ホームページよりお申し込みください。
      子供マネー総合研究会 
posted by ANNE at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ANNEの英語教室日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

準2級 どう攻略?? Vol.1

こんにちは。
久しぶりにブログします。 
このところ、ギリシャ問題やらユーロ不安で、落ち着きませんね。
次の日曜日6/17はギリシャ再選挙だそうです。 
為替の動きはどうなるのかなぁ・・・ イマイチ読めないANNEです。

ところで、先日英検実施されましたね。
皆さん、受験されましたか? ご自分での手ごたえはどうだったでしょう?
是非、これからもブラッシュアップ続けてくださいね。

ANNEの教室では、英検準2級受験した高校生がいます。
結果はまだ聞いていないけれど、準備の段階では もう少し時間が必要かなぁ〜 
という印象を持ちました。

英検3級と準2級では 大きく難易度が変わってきます。
3級は中学3年ぐらいまでの学習内容に沿った難易度ではあるのですが、
準2級になると、ヤマカンが当たる可能性は極めて少なくなります。

ANNEの教室の生徒さんに、いつも言うのですが、
「この問題は 何を答えさせようとしているのか?」をいつも考えることが大事です。

正しく問題の意図がつかめないと、選択肢を選ぶのにも、困ります。

たとえば、
I'm looking forward to ( ) next summer vacation.
1)to see you 2) seeing you 3) meeting 4) appointment

という問題だった場合(ANNEが適当に作ったので、ラフで済みませんあせあせ(飛び散る汗)
だったら、 

まずどれを消せるでしょう? 

答えは 1)のto see you るんるん

なぜなら、look forward to の後は、〜ing形というルールがあるからです。
つまり、2)の seeing you が正解なんですね。 

3)もmeeting と 〜ingの形になってるじゃん?
と思った方、近いんだけれど、meetingの目的語 つまり誰に会うのか が無いので、文として、意味が成り立たないからです。

ま、こんな具合に、自分の解答の理由がきちんと把握できれば、ゴールは近いわけです。
また、問題のボリュームもぐ〜んとアップしますがく〜(落胆した顔) 

スーパーのウィンナーのボリュームがアップする分には助かるんですが...
問題のボリュームはアップしなくても・・・なんて思うでしょうが、グレードに達しなければグレード認定は受けられないのは仕方がない・・・ 

問題のボリュームがアップしても(問題数が増えても)、確実に点数を狙っていくには、やはり文法・語彙両方の底上げが必要です。 

たとえば、先ほどの例題で、 look forward to 〜ing を理解しているか試しているのね? と思ったら
迷わず seeing youをチョイスできますよね。 仮にseeing meeting どちらかわからなくても 3)のmeetingに 「あなたに会う」の you が抜けていることが分かれば、解答時間は大幅短縮できます。

対策としては、やはり 級別の問題集(過去問)をひたすら解くのがオススメ黒ハート

問題にチャレンジする中で、よく出てくる語彙やイディオム、自分が間違えやすい問題を繰り返し覚えるのが第一歩ですね。

これから初トライの人、負けないぞ〜 と2回目のトライの人、やみくもにがんばるのではなく、常に狙いを考えて頑張って行きましょう黒ハート

次はきっと 手(チョキ)の結果になりますように・・・




タグ:英検準2級
最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。